腐食に強く、強度もあるゴールドの結婚指輪

marriage-picture26[1] 結婚指輪といえばプラチナを想像しがちですが、ゴールドの結婚指輪を身に付ける方も増えてきています。その理由としては、日本人の肌の色にゴールドがよく馴染むからです。また、欧米では結婚指輪の素材はゴールドが主流だということです。ゴールドといっても、種類は様々あり、イエローゴールドを初め、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなの、色味を楽しむことができます。


marriage-picture25[1] ゴールドのメリットとしては、プラチナに比べて価格が安いということが挙げられます。また、腐食しにくく、長く輝きを保つことができます。他にも、K18であればアレルギーを起こしにくく、プラチナよりも強度が高いこともメリットとして挙げられます。結婚指輪は常に着用しているという人が多いのではないでしょうか。そのためにも、腐食することが無く、強度も高いゴールドは結婚指輪の素材として適しているといえるのではないでしょうか。購入を考えている方は、プラチナと比べてみて検討してみてはいかがでしょうか。