結婚指輪の素材の選び方

marriage-picture19[1] 結婚指輪には、ベースになる素材があります。 その素材の種類には、プラチナ、ゴールド、シルバー、チタンなど、様々なものがあります。 それぞれの素材には、耐久性のあるもの、腐食に強いもの、日本人の肌に合うもの、金属アレルギーを起こしにくいものなど、様々な特徴があります。結婚指輪の素材を選ぶ際にポイントとなるのは、「指輪につける宝石との相性」や「肌に優しい素材」ではないでしょうか。 結婚指輪に使用する石は、誕生石などのように色々な種類があります。


marriage-picture20[1]一般的に、それぞれの素材や石の特徴を把握して、素材と石を組み合わせたリングを身に付けるのが良いでしょう。また、結婚指輪は毎日身に着けるものなので、肌のことも考えて素材選びをすることも重要です。一般的にはプラチナが肌に優しく、耐久性もあると言われています。しかし、プラチナであっても金属アレルギーを起こしてしまうこともあります。 色々な素材を身に付けることで、石との相性や肌のことも考えて探すのが良いと思います。