着色ダイヤモンド(結婚指輪用語)

天然ダイヤモンドの本来の色は、無色透明か黄色っぽいものです。しかし、グリーンやブルーなどの色が付いているダイヤモンドもあります。それらは人工的に着色をした着色ダイヤモンドと呼ばれるものです。着色ダイヤモンドは天然の石に色を付けているものなので、人工石ではありません。 石の見た目を良くするために処理を施すことを、エンハンスメントやトリートメントと呼びます。 傷があったり黄色の強かったりするダイヤモンドなどに処理を施し、色を付けることが多いです。 放射線処理をして着色をしていくのですが、赤や青、ブラウンなどがあります。同じ処理を施しても、石によって仕上がりも異なってきます。放射線処理以外にもアクリルや樹脂などの浸透処理方法もあります。色を人工的に変えてしまうことができるので、ほとんどの色のダイヤが揃います。 見た目には色鮮やかで華やかですが、着色ダイヤモンドと天然の無色透明に近いダイヤモンドとでは、価値もかなり変わってきます。