爪なし(結婚指輪用語)

爪なしとは、立て爪を使わず石を固定するセッティング方法のことです。爪ありの場合は数本の爪で引っ掛けて石を固定するため、どうしても出っ張りが大きくなってしまいます。その出っ張りが宝石をより目立たせ、華やかに見えるというメリットでもあります。以前はブライダル用の指輪といえば爪ありが主流だったのですが、最近では実用性のことを考えて爪なしを選ぶ人も増えてきています。 たしかに立て爪のリングは、ストッキングやニットなどに引っ掛けてしまって不便という事も多いです。主な爪なしのセッティングには、ベゼルセッティング、パヴェセッティング、レール留めなどがあります。 また、指輪に大胆に切り込みを入れ挟み込んだようなテンションセッティングも、立て爪どころか石座もまったくないので、爪なしセッティングに分類されます。実用的な意味合いだけではなく、見た目にもシンプルで落ち着いたイメージを与えられるので、多くの人に好まれています。