パヴェ:パヴェセッティング(結婚指輪用語)

パヴェというのはフランス語で石畳のことです。つまり、パヴェ(パヴェセッティング)とは、石畳の用に宝石を敷き詰める技術のことです。まず地金に宝石を埋め込む穴をあけ、留めるための爪も掘り起こします。あいた穴に宝石を置き、周囲の爪を倒して固定します。パヴェ(パヴェセッティング)ではメレダイヤモンドを用いることが多く、中石の周りに敷き詰めることも多いです。真ん中の石を引き立ててくれる役目があり、とても綺麗です。パヴェ(パヴェセッティング)を施すと宝石も出っ張りが少なくなるので、普段使いにも向いています。指輪の全周に石を敷き詰めたデザインは、エタニティーリングと呼び、ブライダルでも好まれます。 また、普段は脇役のメレダイヤモンドもパヴェ(パヴェセッティング)を施すことにより、主役にもなれます。ただし、高度な技術が必要にもなりますし、それだけたくさんの宝石を使用するため、それだけ高価な指輪になります。そのため、サイズ直しにも対応可能なハーフエタニティーを選ぶ人も増えています。