親友の結婚式でまさかのサプライズ!

wedding-img00152

結婚記念日には毎年必ず思い出す事があります。

旦那との思い出ではなく(笑)。

親友の結婚披露宴での私の体験談を書こうと思います。

彼女の結婚式の日は私と旦那が結婚した日のちょうど二年後。

報告を聞いたとき、親友と結婚記念日が同じになるんだ!と、その運命的な偶然に大喜び。

そして、親友からは結婚式での友人代表スピーチを依頼されました。

生まれたときからの幼馴染みで、姉妹のように育った彼女と私はほとんど真逆の性格。

基本的にネガティブな私(笑)は、他人のために一喜一憂できる彼女を尊敬していたし、私のために泣いて怒ってくれた20数年分の感謝を、この機会に伝えられたらいいなぁと思いながらスピーチを考えました。

披露宴当日、震える足でマイクの前に立ちやっとの思いでスピーチを終えると、なんと目の前に大きな花束が!この日、3回目の結婚記念日を迎えた私に、親友が用意してくれたサプライズでした。

招待客の皆さまも温かく拍手をしてくれて、何がなんだかと思うのも束の間、彼女の優しさだと理解できたときには緊張も忘れ号泣してしまい……。

結婚記念日になると思い出します。

花束の向こうで、泣きながら笑っている最高に綺麗な花嫁のことを。