お父さん、お母さんのこんなサプライズ、いかが?

wedding-img00256

結婚式は主役二人が中心となって、プランをあれこれ考えるものですよね。

でも、私の出席した式で、親族の方のサプライズ演出がありましたので、一つご紹介します。

それは、新婦のお母様からのお手紙です。

宴も終盤、新婦のお手紙の前に、司会の方が突然読み始めました。

そこには、新婦の生まれて、幼少期、学生時代、社会人になってからと、新婦の過ごした時間と、その時々のお母様の想いがよくわかり、嫁ぐ娘への愛が詰まっていました。

少々長いお手紙でしたが、出席者の友人や会社の方の名前がたくさん登場していて、ゲストにとっても思い出深い演出となっていました(お母様は意図したわけではないと思いますが)。

手紙を知らなかった新婦はもちろん、会場の半数以上の方が、涙をぬぐっておられました。

結婚式は、主に新婦が親や家族に想いを述べる絶好の機会ですが、親が巣立つ子へ想いを伝える数少ない機会でもあると思います。

個人的な体験談ですので、サプライズにすることが良いかどうかわかりませんが、素敵な式だったと、心に残っています。

お父さん、お母さん、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、こんなサプライズ、いかがですか?